菜の家わいんち - 娘ができたらバイトさせたい店 -
c0008508_1341461.gifお気に入りの店があります。わいんち。




c0008508_11532484.jpg何が好きかって
おかみさんの接客がすごくいいんですよね。
もちろん、店自体もいいんですけど。

この店13:00すぎてランチに入ると
デザートをつけてくれるんです。
で、昨日は12:55にはいったわけ…。


当然、デザートは無し。

ここで、デザートが食べたい わが社のディレクターぷんすこ は

「デザートがついてないみたいなんですけど…」

と、すっとぼけて接客してる若人にリクエストしました。

(う、常連さんだ)
心の中で戸惑う若人。

奥に行っておかみさんに確認しにいきました。

しばらくしてでてくる おかみさん

「ごめんなさい ごめんなさい これ13:00までなんですよ~」
「あら、ぷんさんしらんかったぁ。ざんねんやわー。」

はにかみながらうなづく ぷんすこ。

「うちも来られたとき、おしぃなぁ おもたんや」
「あと5分おそかったらなー 残念やわ はは」
「13:00すぎにきてくださいね~」

なんか文章にするといやらしいんですけどね。

ショートカットに清潔な割烹着姿のおかみさんがやると
ぜんぜん、いやみにきこえないんですよ。不思議。

そんな、おかみさんとぷんのやりとりを
にやにやしながら見てた私でした。
私は基本的にデザート食べないので。ふふ。

常連さんだったらそのくらいまけても…。
と 思ってしまいそうなものですが
商売やる以上、通すところは通すって
すごく大切なことですね。
不快感なく。

ちなみにリクエストするとこんな感じで断られるんですが、
リクエストしないといろいろ配慮してくれるんですよね。
ある意味 あまのじゃく。ぷ。

何度も頼まなくてもお冷がでてくるとか、
甘いものが食べられない私を気遣って
メインのデザートのほかに甘く無いやつの残りを
ごくたまにもってきてくれるとか。

ぷんすこ は 子供ができたらおかみさんの
元で働かせたいそうです。
それまで、店が続いてるといいのう。

断らなきゃいけないんだけど
かどをたてちゃいけない局面
いろんなケースがありますね。

おかみさんの 精神で。

わいんち
もともとはロンブーのTV番組の企画で
作られた店なのですが、それはあまり関係ないかな。

わいんちは 関西弁で わたしんち(私の家) の意

友達の家に御呼ばれする雰囲気を味わってほしいという
意味だそうです。

野菜は農家と直契約で仕入れてるので新鮮。
メニューが週ごと(毎水曜)に変動して
その季節の特産がなにかすぐわかっちゃいます。
おいしいネギがたくさんとれるときは、
メニューはネギばっかりです。


[PR]
by monchimemo | 2005-01-28 12:01 | その他
<< ピーター・ドラッカーの原稿スピ... モンチくんのユーザーに会った ... >>